スポンサードリンク



アパート探しの意外な狙い目時期とは?

アパート探しを、それほど急いでいない場合は、

実はゴールデンウィークが終わった、5月中旬~6月頃が狙い目です。

アパート探しの年間ピークは、
・高校生の進学が決まる、
・新社会人の勤務先が決まる、
・社会人が転勤する

2月~3月、遅くても4月上旬です。

この頃は、完全に売り手市場で、なかなか良い物件に出会えません。

運次第の面もあります。

運よく見つかると良いのですが・・・

買い手同士が競争するので、すぐ決断しないと、物件がなくなります。

不動産屋さんにとっては、すぐに次の客が待っている状態です。

ところが、需要が一巡したゴールデンウイーク後だと、

逆に買い手市場になります。

新入生や新社会人、転勤する人のアパート探しが一段落し、競争せずに探せるからです。

物件の数は春に比べて少ないですが、ほとんど競争がありません。

この時期になると、新入生や新社会人の中には、新しい暮らしに馴染めず、

辞めてしまう人が出てくるので、部屋が空くことがあるのです。

また、それ以外にもアパートの空きは毎月出るものです。

借主が少なくなると、空き室にするよりは、入居してもらいたいはず。

不動産屋さんも暇な時期だし、

いろいろお客の要望も聞いてもらえることがあります。

例えば、物件が古い場合は、

エアコンを新しく付け替えたり、インターネットを無料で使えるようにしたり、いろいろ工夫してくれます。

そして秋にも物件探しのチャンスがあります。

会社の中途採用があり、人の移動があるからです。

このように、ちょっと時期をずらすと、競争せずにアパートを探せます。

スポンサードリンク






アパート探し入門 TOPへ