スポンサードリンク



そもそもアパートとは何?

アパートとは、アメリカの英語での「apartment house」の略称だと言われています。

日本では、賃貸(借家)の集合住宅(共同住宅)で、マンションよりは小さく、安いイメージですよね。

しかし米国でのアパートは、もっと高級な集合住宅のイメージのようです。

防犯、セキュリティーもしっかりしていて、ちょっとお金持ちが住むような感じ。

アパートは、世帯ごとの居住者が住む部屋の単位で構成されています。

アパートには、共有スペースや設備があります。
入り口、階段、廊下、エレベーター、駐車場などです。

各部屋には、トイレやお風呂(またはユニットバス)、流し台などの水回り設備、エアコン、収納などが、大体付いています。

洗濯機は、室内に置く場合と、外(ベランダ)に置く場合があります。

洗濯乾燥機なら、室内のほうが良いですね。

中には、家電製品や家具付きのアパートもあります。

例えば、レオパレス21などが有名です。

冷蔵庫、電子レンジ、テレビ、ベッドなどが備わっていて、すぐに暮らせるようになっています。

しかし家電製品や家具付きだと、毎月の家賃がちょっと高めです。

私は好みの電化製品を揃えたいので、電気製品は無しのほうがよいです。

家具も無いほうが、自由度が高いですね。

実はレオパレス21でも、家電製品や家具が無い部屋があります。

数はまだまだ少ないですけれど。

需要はあると思うので、もっと増やしてくれると嬉しいのですが。

スポンサードリンク






アパート探し入門 TOPへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。