スポンサードリンク



アパートをGoogleマップを活用して探すには?

アパートを探す時に、Googleマップ(地図)を使うと、とても便利です。

アパート探しでは、普通は不動産の情報誌、不動産の検索サイトなどを使うことが多いですよね。

しかし、不動産屋さんが提携していないと、情報が出てきません。

現地に足を運んで、直接アパートを探す手もありますが、遠方の人にはちょっと不便です。

できれば現地へ行く前に、ある程度の不動産情報を把握しておきたいところです。

そんな時には、Googleマップを活用して、アパートを探してみましょう。
Google地図

まず、アパートを借りたい地域を決めます。

その地域をGoogleマップで表示してください。

そして地図を拡大していくと・・・

マンションやアパートのビル名が表示されます。

また、Googleマップのストリートビューという機能を使えば、現地の様子を360度写真で見ることができます。

まるで現地を歩いているような感覚です。

「入居募集」の看板や横断幕が見つかることもあり、マンション名、アパート名がわかります。

アパートを管理している不動産屋さんや、連絡先がわかることもあります。

ついでにアパート周辺の環境も、ストリートビューで確認しておくと良いでしょう。

平面地図とストリートビューを合わせて使うと、近くに何があるのか、大体はわかります。

ただし、ストリートビューで見れる通りは限られています。
全ての道を見れるわけではありません。

アパート名や、不動産屋さんがわかったら、そのキーワードで検索してみてください。

ホームページがある場合は、より詳細な不動産情報が入手できますよ。

あとは不動産屋さんに連絡して、詳しく聞くなり、アパートを案内してもらうとよいでしょう。

賃貸物件などのアパートを探す時のちょっとしたコツですが、覚えておくと便利です。

この方法だと、交通費の節約にもなりますよね。

スポンサードリンク






アパート探し入門 TOPへ