スポンサードリンク



アパート探しでは、お風呂とトイレは別が理想。

アパートを探す時には、お風呂(バス)とトイレは別が理想です。

いまだに多くの賃貸アパートでは、ユニットバスになっていて、

浴槽や便器、洗面台などが一体のことも多いです。

つまりお風呂とトイレが一緒なわけです。

でも出来るだけ、お風呂とトイレは別のほうが、メリットが大きいです。

もともとお風呂は汚れを洗い流すところ、トイレは汚れやすいところですよね。

男性の立ち小便は、予想外に飛び散っています。

それにトイレは臭いも出やすい問題があります。

衛生上も別々のほうが良いでしょう。

また、お風呂は水を使うので、湿っていることが多い場所です。

トイレは便器は水で流しますから濡れていますが、

それ以外は乾燥しているのがベストです。

掃除のし易さという面から考えても、バストイレは別のほうが理想なんです。

一人暮らしなら、一体型のユニットバスでも我慢できるでしょうが、

二人以上だと、どちらか一方を使っている時に、他の人が利用できないのが不便です。

たとえ恋人や夫婦、家族といえども、
他の人がトイレを使ったすぐ後に、お風呂に入るのは嫌なものですw

臭いが気になりますよね。

便器の側で顔を洗ったり、歯磨きするのも、衛生的にどうかと思うし。

私が人生で初めて一人暮らししたのは、大学生になる時で、

運よく築1年くらいのアパートになりました。

しかもトイレとお風呂が別だったので、快適でした。

社会人になってから住んだアパートは、2軒ともトイレとお風呂が一緒でした。

その時の経験から、一緒なのは不便だなーと実感しています。

だから新しくアパート探しするなら、優先順位の高い条件として、

トイレとお風呂は別なことを挙げます。

スポンサードリンク






アパート探し入門 TOPへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。